RSS-FEED
2015.03.24 火曜日
nb | Comment (0)


nbです。
先週はある物を試すべく東京の奥地へとサクッとバイクキャンピングしてきました。

ある物とはコレ!

IMG_15158

以前ブログで書いたHENNESSY HAMMOCK
そうあの後すぐにゲットしたのです。

IMG_15174

4月にしんぺーちゃんと派手なアドベンチャーしようと計画していてコイツを使おうと考えていました。
ただぶっつけ本番で使うのは怖いので今回はそのテストを兼ねてということで比較的近場へキャンプに行きました。

今回の装備とバイクはこんな感じ。
いかすぜ。

Processed with VSCOcam with a6 preset

バイクはGEEKHOUSE Team Mudville。
前三角のフレームバッグは*FAIRWEATHER*のframe bagとcorner bag、ハンドルバッグとサドルバッグは*REVELATE DESIGN*のものを使用しました。
寝袋とタオル、着替えにジャケットなどはハンドルバッグに、工具やカメラにこまごました物はフレームバッグへ、ハンモックとクッカーにランタンと燃料などはサドルバッグへという感じ。
意外とイスって大事なのでHelinoxのチェアをハンドルバッグの外に固定して取り付け。
ボトルはダウンチューブの下に*TWO FISH*のアダプターを使って一つ。
水場の無い場所でのキャンプなのでバックパックに2リットルのハイドレーションも背負いました。

とまあ本番を想定したテストなので一人でも余裕で何日も行ける装備で。
これだけ積むとバイクの総重量はかなり重いけど、荷物をうまく配分したので操作性は悪く無かったです。
あと重量があるのでパンクを恐れて40Cの*WTB* nanoを入れたのも正解。
(実際にこの積載でグラベルやシングルトラックも攻めたけど問題なく楽しめました。最高。)

そしていざ出発。
相棒はもちろんしんぺーちゃん

IMG_15176
IMG_15177

夕方に幡ヶ谷を出発し21時過ぎごろに目的地付近へ。
ここで食料を調達してキャンプ場所に向かいました。

IMG_15178

奔放な積み方だぜ!

到着後はまずハンモックの設営。
設営も初だったけど暗闇の中でも余裕で設営できました。
(別売りのスネークスキンがあればさらに楽との事なのでコイツも手に入れねば!)

めちゃ良い感じ。

IMG_15154

寝床が出来たらあとは火を起こしてパーティー開始!

IMG_15179

やっぱり外で火を囲んで食べる物、酒はそして最高の仲間との尽きない話はやはり格別。

IMG_15155

良い具合に酔い、眠くなってきたとこでいよいよテスト本番です。
ハンモックの中に滑り込み、寝袋に入るとかなり気持ちの良い寝心地ですぐに睡魔がやってきました。
普通のハンモックと違って沈み込まないように工夫されているので朝起きたときも体は疲れていなくて、むしろハンモック独特の心地良い揺れでぐっすり眠れました。
唯一問題があるとすれば背中の寒さくらい、これは前評判通りでいかに地面が暖かいか分かりました。
この日は寒すぎて寝れないということは無かったですが熱を遮断するシート系を使えばより快適に過ごせる事が分かったのでこれは大きな収穫でした。
3シーズン対応でこれだけ寝心地が良くて総重量実測912gはやはりバイクキャンピングにこれ以上ないくらい最適でしょう。
お世辞抜きにHENNESSY HAMMOCK良いです。
(ちなみにお取り寄せですがBLUE LUGで購入可能です!)

IMG_15157
IMG_15159

ゆっくり起きた朝はまずはコーヒーから。
天気も良くて暖かいので帰りにどこのダートを攻めるか話しながら朝食をとりました。
いつも思うけどキャンプらしい朝のスタートが好き。

IMG_15164

腹も満たしたとこでダート探索へ出発!

IMG_15169
IMG_15173
IMG_15165
IMG_15167
IMG_15168

途中担ぎもあったけど極上のルートも発見できて最高だった!
2人とも重い荷物を積載していたけどうまくパッキングしたのでバイクの挙動も安定していて気持ち良く遊べました。

そんな感じで僅か半日くらいだったけど移動からすべての時間を余す所なく遊び尽くせました。
これだからダートを攻めれるMTBやシクロクロスバイクでのバイクキャンピングはやめられない。
今回もテストとは言いつつも最高に濃い時間を過ごせました。

IMG_15172

来月のバイクキャンピングはさらに濃いものとなるのは間違い無いので今から楽しみだ!

HOLLA!





2015.03.12 木曜日
nb | Comment (0)


nbです。
オースティン旅行記最終章です。

USA Cyclocross National Championship 2015

土曜日、早く起きるつもりが気が付くとお昼前。
昨日飲み過ぎたのか、時差ボケと連日のパーティー疲れなのか、、、
まあその全部だと思います。
そしてこの日は雨。
午後はゆっくりして明日の全米選手権のメインレース観戦にアフターパーティーなどに向けて備えたい所ではあるけどこの日にも重要なレースがあるのでした。
それはステイさせてもらっているTomii CyclesのNaoさんの息子Fugoの出場するキッズレースの応援。

出たくないと嫌がるFugoを連れ全米選手権会場へ笑
雨だし寒いしテンションだだ下がりだったけどスタートラインヘ立つとちょっとやる気になったのか顔つきが変る。

IMG_0316 のコピー

そしてスタート!
IMG_0361 のコピー

最前列で良いスタートを切ったので何とホールショット!
いいぞ!Fugo!

IMG_0289 のコピー
IMG_0355 のコピー

その後は少し後退してしまったけど全力で走る姿は熱かった!
レース後聞いたらつまらなかったとか言ってたけど実はそうでもなかったんじゃないかな?
参加賞でもらったメダルめっちゃ自慢してきたしね笑

ちなみにこのキッズレースは専用のコースが設営されていたんですが超本格的なコースでびっくり。
運営もとてもしっかりしているし参加者もかなり多いくメイン会場と張るくらい盛り上がっていました。
メイン会場の方もこの日はすべてジュニアレースで子供達の育成に対する意識の高さには感動しました。

良いレースも見れてこの後は帰宅しゆっくりしていました。

翌日曜日。
いよいよ待ちに待ったシクロクロス全米選手権のエリートレースの日。
そうこのレースを見るためにオースティンに来たのです。
エリートレースは午後14時過ぎくらいだったので午前中はIcarus Framesの工房へ遊びに行ってから会場へ行くことにしました。

IMG_0409

途中でクリークに立ち寄りつつビルダーのIanの自宅兼工房へ。
デンバーで会った以来なので約2年ぶりの再会です。

IMG_0467-2 のコピー

今はモーターサイクルにかなりハマっているようで自分で作った愛車を見せてもらいました。
これがめちゃくちゃカッコ良かった。
自転車も沢山作っている様子で合い間を縫ってモーターサイクルのカスタムをしているみたいです。
製作途中のバイクもやばかった。

家の中も超良い雰囲気でもうなんというかIanはセンスの塊のような人で相変わらず何から何までかっこよかった。
工房の様子などはまた改めて書きたいと思います。

Processed with VSCOcam with a1 preset

IMG_0416

じっくりと話をさせてもらってランチでも食べて会場に向かおうと思った所でIanからまさかの情報が。

「シクロクロス全米選手権のエリートレースがキャンセルされたらしい」

え?
嘘でしょ?こんなベストコンディションでシクロクロスレースやらないなんて意味分からない!
と思いiPhoneでSNS系を調べまくるも情報が錯綜していて状況が全然つかめない。
一つ確実なのはオフィシャルで中止という事は確かであるという事だけ。

※後日分かったことだけどレースのキャンセルの理由は公園の木々などが破壊されたのが理由との事。
日本などではあまり考えられないけどテキサスなどは気候的に木がとても弱いらしくちょっとでも傷つくと死んでしまうそうで公園の管理者や市はとても神経質なんだそうです。
まあシクロクロスレース開催するっていう時点である程度は分かっていたと思うけど予想以上だったようです。

とりあえず翌日に延期するということが判明し、がっくりしながらランチに行きました。

IMG_0435

IMG_0410

がっくりしていた気持ちもランチで食べたベトナムサンドイッチの美味しさで吹き飛ぶ単純な俺。

お腹を満たして一度帰宅すると新たな情報が。
いきなりのレースキャンセルはあたりまえにみんな大ブーイング。
せっかくこの為に全米からオースティンまで楽しみに来ているんだもんね。
不満たっぷりのそんな中、The RadavistのJohn Prollyが木曜夜に開催したCrash Nationalsを夕方からやるからみんなレースしようぜ!と。
熱いぜJohn!

俺もレース出るか!とも思ったけど写真を撮りたかったので機材を準備して自転車で会場へ。
すでにかなりの人数が集まっていて良い雰囲気。

Crash Nationals
Crash Nationals
Crash Nationals
Crash Nationals
Crash Nationals
Crash Nationals
Crash Nationals

トップレーサーからローカルライダーまでごちゃまぜで走るカオスなレースは見ていて最高に楽しかった!
コース脇からは観客からレーサーへビールやピザにフライドチキンまでもが差し出され、ヤジも飛び交い最高のパーティー。
走るレーサーも最高の笑顔。
オフィシャルなレースも面白いけど、まさかの事態でこういうグラスルーツなレースも肌で感じられたのはある意味ラッキーかも。

Crash Nationals

どんな状況でも全開で遊んでやろうというアメリカ人の姿勢はいつも自分に影響を与えてくれます。
それを肌で感じられたんだからもうビッシビシきますね!
最高。

レース観戦後はTeam Super Awesomeの開催するアフターパーティーへ。
本来ならばオフィシャルレースのアフターパーティーなんですがそんなのは関係なく大勢が集まっていました。

IMG_0465

ここで地味に楽しみにしていたのは会場がAustin beer worksのブルワリーだってこと。
と言うわけでご機嫌なビアとピザを堪能しまくり、いろんな人たちと話をしてこの日も濃すぎる1日となりました。

IMG_0473

IMG_0464
(ブルワリー内部にはステージがありローカルのバンドがいつも演奏しているらしい。流石音楽の街!そして普通にカッコいいので見入ってしまうくらい)

翌朝はTeam Yacht ClubJackJoleneとライドする約束をしていたので7時に待ち合わせ場所のBrew&Brewへ。

IMG_0544

軽く朝食を済ませたらいざライドへ。
サウスエリアに景色の良い場所とトレイルがあるとのことで連れて行ってもらいました。

IMG_0478

なんというかこのアメリカ来たぜ感ある真っ直ぐな道を自分のバイクで、そして新しい友達と走るってのは本当に嬉しいものですね。

ほどなくしてMckenny Falls state parkという場所に到着。

Processed with VSCOcam with c1 preset

IMG_0509

IMG_0531

公園内部のトレイルは超粘土質な泥で大変だったけどめっちゃ楽しかった!
途中には大昔の家の跡とかも。
そして見せたかったと言う滝に連れて行ってもらいました。

IMG_0496

すごい!
日本には無い景色は感動しますね!
今は水が多いけど夏場は滝の上も自転車で渡れるんだとか。
そしてもちろん下に飛び込むんだって!
超楽しそう!

IMG_0513

そんな感じでその後もいろんな話をしながらグラベルを楽しみました。

IMG_0535

Jack&Jolene本当にありがとう!
そして結婚おめでとう!!!!
ほんと最高の2人です。また会いに行くぜ!

そしていよいよメインイベントの全米選手権の観戦へ
流石に月曜日まで滞在している人は多くはなく会場はちょっとだけ少し寂しい感じもしましたがエリートレースを待ち望んだ熱い人達が沢山。

USA Cyclocross National Championship 2015

まずは女子のエリートレースから。

USA Cyclocross National Championship 2015
USA Cyclocross National Championship 2015
USA Cyclocross National Championship 2015

女子は序盤から圧倒的な走りを見せたKatie Comptonが優勝。
あの力強い走りはしびれるほどカッコよかった。

そしてメインレースの男子エリート。

USA Cyclocross National Championship 2015
USA Cyclocross National Championship 2015
USA Cyclocross National Championship 2015

序盤は予想通りJeremy PowersとJonathan Pageの2人の熾烈なトップ争い。

USA Cyclocross National Championship 2015

3周目くらいでJeremy Powersが一気に差を付けこれが決定打となりぶっちぎりの優勝。
完璧なレース運びに感動。

USA Cyclocross National Championship 2015

Jeremy Powersもカッコよかったけど、このエリートレースの中で一番ブッ刺さったのはRichard SachsのDan Timmerman。
周りはほぼ全てフルカーボンフレームで走る中、オールドスクールな1インチのラグドスティールバイクを駆り5位入賞。
これは震えるほどカッコよかった。
レジェンドビルダーRichard Sachsのチームがカッコいいと聞いていたけど紛れもない事実でした。
彼らの走るNew Englandでのレースも見てみたいぜ!

とまあそんな感じで楽しみにしていたシクロクロス全米選手権も色々ありましたがたっぷり堪能する事ができました。
唯一問題を挙げるとするならば月曜にアフターパーティーが無かった事くらい!

その代わり?に家でパーティーを開いてもらいました。
なんと自分のバースデーパーティーです。
すっかり自分でも忘れてしまっていたんですがFBは覚えていたようです。

ありがとうございます!

そして知ってか知らずか分からないけどJohnも僕のバイクチェックをこの日にアップしてくれました。
The Radavistデビュー。

NB Log's Geekhouse Team Mudville Cross

みんなありがとう!!!
本当に一生に残る忘れられない日となりました。

そして翌日。
水曜の早朝の便に帰るのでこの日が実質オースティン最終日。
思い残す事が無い様に最後のトレイルライドへ。
場所はもうお気に入りであるWalnut Creek。

Processed with VSCOcam with g3 preset

IMG_0585

IMG_0591

IMG_0619

やっぱりここのトレイル最高です。
もうひたすらグルグルグルグル、お昼過ぎまで乗り倒しました。

ライド後はお土産などを買いにダウンタウンへ。
バイクショップで働いている友達にも挨拶を。

IMG_0626

家に戻り、バイクを解体し箱に、荷造りも済ませて今回の旅を振り返りながらゆっくりと夕食をとりました。
これにて僕のオースティンへの旅行記は終了です。
この1週間は本当に1分1秒すべてが濃密で一生の思い出となる最高の旅でした。
オースティンで会った全ての人達本当にありがとう!また会おうぜ!
そして1週間お世話になったTomii CyclesのNaoさん一家本当にありがとうございました!

オースティンの街、文化、人間、本当に最高です。
また必ず遊びに行きます!

IMG_0679

HOLLA!





2015.03.02 月曜日
nb | Comment (0)


nbです。
こう春っぽい気候になってくると毎年欲しくなるのがスニーカー。
そんなわけで夜な夜なKick On FireなんかをDigしております。

最近気になるのはこの辺りとか

Screen-Shot-2015-02-24-at-1.52.57-PM-1024x711

ハラチ系も去年あたりからアツいのでこの辺とか

Screen-Shot-2015-02-17-at-3.03.18-PM-1024x666

アメリカでジワジワ来ているASICS辺りなんかも
アシックスじゃなくてエイシックスね。

asics-gel-saga-soft-grey-2-1

友達の店のThe Apartmentで良いのに出会ったら何か買おう。

まあ春に限らず年中欲しかったりするんですが、それが特に強いのが春な気がする。
んでふと思ったのがそういえば春になるとスニーカーと共に欲しくなるのが何故かホイールだったりするなと。
足回り繋がりなのか!?
まあ春で気分も新たに気持ち良く遊びたいぜ!っていうのはスニーカーも自転車も一緒なのかも。

そんな訳で自転車の足回りもおニューを少しずつ選んでます。
ハブはもう決まってて誕生日に皆からもらったコイツ。

IMG_13913

Philwoodの新作11速対応のロードハブ。
(オンラインストアでも近々紹介したいと思います)
ロードバイクにもシクロクロスバイクにも履かせたいのでリムはまだ迷っていて
安定の*HED.* belgium C2 rimかはたまた*ENVE* 45TU carbonあたり攻めちゃうか頭を悩ませています。
この考えているのも楽しかったりするけどね。
スポークはPhilwood1択(クロスレース用のホイールに使ってるけど超良い)。

バシッとリム決めてまっちゃんか金やんにピンピンのニューKicksに仕上げてもらおう。

IMG_13615

気分一新で愛車の足回りに新しいホイールどうでしょう?
お好きなハブにリム、スポークで最高のホイールに仕上げるのでお気軽にお問い合わせどーぞ。

HOLLA!





2015.02.22 日曜日
nb | Comment (0)


nbです。
今日は日本全国的にネコの日だそうです。

IMG_0416

こいつはICARUS FRAMESのビルダーIanの愛猫。
ふかふかでかわいかったぜ。
ちなみにInternational cat dayは8月8日らしいです。

もう二月も後半で気持ち寒さも和らいできたということで今年のアドベンチャー計画を少しずつ練り始めています。
今年もこんな感じのバイクパッキングスタイルで遊ぼうと思っているのですがいつも問題となるのがテント問題。
案外重いし、かさ張るのでバイクパッキングの場合は積みにくいんです。

CAMP RIDE

そんな訳でその問題を解決すべく夜な夜なDigしていてむむコレは!というものを見つけてしまいました。
それはハンモックテントと呼ばれるものでその名の通りハンモックがテントになっちゃったやつ。

13-11-07_Hennessy+Hammock_0007-2957040847-O のコピー

かっこいい。
画像はHENNESSY HAMMOCKというメーカーのもので一般的なテントと違ってポールなどが無いので総重量がなんと1kgを余裕で切ってきます。
しかも超コンパクトになるのでもはやバイクパッキングにはコイツしかないんじゃないかなというくらい。

そう思っていたらやはりみんな使っていました。分かってますねー。
こちらはオースティンのライダーのSpencerのインスタグラムから。
バイクと並べた雰囲気も良い感じですな。
ちなみにこのバイクは一番上に載せたネコの飼い主のIanが作ったものだったりします。

まあ軽いしかさ張らないという長所もあればもちろん短所もあります。
まずは木が無いと張れない。笑
ハンモックなので前室などが無いので荷物を置くスペースが無くて雨などだとちょっと困る。
あとテント内で皆でパーティーできない。
それを差し引いてもギリギリの荷物でアドベンチャーを最高に楽しんじゃうのがバイクパッキングの醍醐味でもあるので良い候補です。

HENNESSY HAMMOCKはA&Fさんが取り扱っていて僕達のお店からも取り寄せる事ができちゃったりします。
もうモデルも大体目星付けてあるし自分の分は早速注文してみたいと思います。

使うのが楽しみ!
ガンガン使うので使用感などは改めて書こうと思います。
おっと明日はしんぺーちゃんとどこにアドベンチャーしにいくかのミーティングだった。
今年はどこに行こうかな。

HOLLA!





2015.02.12 木曜日
nb | Comment (0)


nbです。
オースティン旅行記第二弾です。

1月9日金曜、前日のナイトレースにパーティーに時差ボケもあって少し遅めに起床。
この日は一人自転車でオースティンの街を散策しようと思っていたのでひとまず全米選手権の会場に行ってみることに。
会場は滞在しているノースエリアから20kmくらい。

IMG_0234

日本だったらスッと行けちゃう距離でも車線が左右逆&交通事情の違いにまだ慣れてなくて思いのほか遠かった。

North Lamerを下っていったので途中でEMPIRE BMX通過。
この日はレジェンドMat Hoffmanの誕生日だったみたいで看板にはHappy Birthdayの文字が!
こういう遊び心最高。

IMG_0235

そのままもうちょっと下ってテキサス大学あたりでお昼時だったのでオースティンに来たら絶対に食べなければ帰れないとまで言われるタコスの名店Torchy’sでランチ。
オースティン流にアレンジされたタコスは絶品!アボカドがフライされたやつが入ってるのが特にうまかった!

IMG_0242

お腹を満たした所でさらに南へ。
ダウンタウンに出る手前でBMXのジャンプトレイルがいきなり出現!

IMG_0251
IMG_0254

しかもなんか見たことあるなぁなんて思ってたらEMPIREのビデオに良く出てくる所だった!
Chase HawkのOakleyのビデオにKevin PorterのやつにもHansonのあれにも!

Chase Hawk X Oakley // Austin, Texas from Joe Simon Films on Vimeo.

Kevin Porter Orchid web video from Freak Stewart on Vimeo.

Hanson Little Welcome to the Mutiny Pro Team from Mutiny Bikes on Vimeo.

こんな所が本当にダウンタウンの目と鼻の先にあるなんてびっくり。
これもこの土地ならではなのかなと感動。
あいにくこの日も寒くてライダー一人もいなかったのが残念!

ダウンタウンに出るとこちらもChase Hawkのビデオに出てくるスポット発見。

IMG_0313

こういうの見つかったりするのが本当に楽しい。

IMG_0260

ダウンタウンから大きな川を渡って少し行くとようやく全米選手権の会場Zilker Metropolitan Parkに到着。

IMG_0267

この日は年齢別のマスターズ選手権のレースが開催されていてローカルのライダーも多いので平日ながらもかなりの観客の多さ!
とりあえずSierra Nevadaブースでビールをゲットしレース見ながら写真撮りながらウロウロしているとなんとGEEKHOUSEライダーが!!!

IMG_10638
IMG_0297

これは応援するしかない!どうやらCharlieというライダーらしい!
80人近く走っている中で10位前後とかなり熱い走り!
応援にもかなり力が入りました。
まさかのタイミングだったけど良いレース見れて大満足!

IMG_10637

会場で感じたのはアメリカのシクロクロス人口の層の厚さ。
年齢別のマスターズ選手権は5歳ごとのカテゴリーで最年長は何と80歳以上のカテゴリーまであります。
最年長カテゴリーはさすがに人数はわずかですが人気な30代から40代あたりまではおおよそ各70人以上。
女の子ライダーも超多いしみんな全開で楽しんでいてカッコいい!
翌日の土曜日は丸一日キッズレースから9歳から14歳以下のジュニア選手だけのレースのみ。
本当に老若男女、ちっちゃい子からおじいちゃんまでレースを楽しみまくっていてどのレースも熱い応援をかます観客ばかり。
そんな雰囲気に感動しっぱなしでした。

IMG_10639

熱いレースも沢山見れたので会場を後にしてコーヒーを飲みにイーストエリアへ。

IMG_0321

Flat Truck Coffeeに行きたかったのです。
想像以上に小さなお店でしたがコーヒーも美味しくてスタッフの女の子もすごく気さくで良い時間を過ごせました。

IMG_0322

この日は金曜日。
金曜夜といえばパーティーでしょう!
CHRIS KINGによるパーティーがMellow Johnny’sであるとのことだったのでこの日はこちらへ潜入。

IMG_0330
IMG_0336

フリービア、フリーピザ、フリーフライドポテトとの噂だったので超大盛況。
みんな分かってますな笑

IMG_0334

有名レーサーなどなど見た事ある人が多数。
パーティー終わる頃にはなんとMellow Johnny’sオーナーとしても知られるランスアームストロングまで居ました。
人がどっとランスに集まると思いきやそうでもなくて本物の登場に皆ビビって話しかけないのが印象的でした。
そんなサプライズもありつつビールとピザをたらふく堪能していろんな人と話す事ができ大満足。

イーストエリアの外れに工房を構えるSaila Bicyclesのパーティーもやっているらしいと聞いたのでこちらへも梯子。

IMG_0385

元々ボストンのSEVEN CYCLESでウェルダーをやっていたLaurenという女性!ビルダーによるハンドメイクバイクブランド。
テキサス州出身らしく数年前に引っ越してきたんだとか。
小さな工房ながらも流石元SEVENなだけあって美しいチタンフレームを生み出していました。

IMG_0376
IMG_0372

ここでなんとこの日のマスターズレースに出ていたあのGEEKHOUSEライダーのCharlieと会う事ができました。
一緒に来ていた彼の彼女のCindyはなんとFirefly Adventure teamの子でSNSで繋がっていた人なので会えて2度びっくり。

IMG_0384
IMG_0379

行く場所行く場所で気になっていた人や繋がっていた人に直接会う事ができて本当に楽しい!

パーティーも落ち着いてきた所で最後の締めでライブハウスへ。
演奏していたのはNaoさんの友達のMotoさんという日本人の人がメンバーであるバンド。
Motoさん以外は全て黒人で本物のソウルミュージックを堪能するという最高の締めくくり。

IMG_0244

往年の名曲ばかりで気持ち良すぎました。
こんな良い音楽がいつでも楽しめてしまうなんて素晴しすぎる。

春に行われるSXSWなんて街角の至る所でバンドが演奏していて町中にピックが落ちているんだとか。
すげーぜオースティン!

土曜日のことも書きたかったけど意外と長くなってしまったので今回はこの辺で。
続きます!
HOLLA!

オマケ
This is #COOL bike.

IMG_0360



SEARCH ITEM



Page 1 of 2612345678910...20...»
Authors

ashi

投稿を読む

軽快なフットワークで常に国内外を飛び回っており、いつ寝てるのかわからないBlue LugのBoss。自転車はもとより、洋服、雑貨、お菓子、うどん、読書(真面目)が好き。特にパンダは大のお気に入り。

aze

投稿を読む

ファニーな自転車からクールな自転車まで、お客さんからの要望とニーズをうまくマッチングさせ、センスよく自転車を組み上げる元メッセンジャー現メカニックリーダー。愛息にデレデレな一児のパパでもある。

koro

投稿を読む

元アキバ系、現グラフィック&販売担当。気さくな人柄でお客さんからの相談にも親身になって受け答えてくれるメガネのお兄さん。休日はお洒落スポット探索に愛車のICARUSロードバイクでお出かけ。詳細はBlogにて。

nb

投稿を読む

Web&写真撮影担当。どこからともなくカッコイイ自転車グッズを探し出してくる嗅覚は警察犬並み。休日は仲間たちと中〜長距離ライドを楽しむ。プライベートではHIPHOPなトラックメイカー。

max

投稿を読む

BlueLugぬいものがかり。お客さんからの要望にはなかなかノーと言えず、オーダーバッグを夜鍋して作っちゃう頑張り屋さん。アウトドア好きで休日ともなると仲間たちと自転車に乗って山へお出かけ(自走)。

timo

投稿を読む

BlueLugオリジナルアパレル商品企画担当。自分は貧脚だと言いながらもRapha Gentleman's Raceを難なく完走しちゃう道産子。愛車のcielo cross classicのメンテナンスには余念が無い(ほぼ毎晩)。

matsu

投稿を読む

自分のピストを全部ブルーで組んじゃった過去アリマス。現在はFAIRWEATHERに乗車中。人の良さが顔に出ちゃってるメカニックチーム若手ホープ。自転車のことで分からないことは松っちゃんまでお気軽にどうぞ。

Archives